中原繭香の中国って、どんなとこ???

中原繭香 / 独立して働くことを考えるブロガー/ 会社員の傍ら、中国に関する情報提供をしている元中国専門添乗員の私【経歴】 学生時代に北京に短期留学 / 中国渡航歴46回 / 中国にご案内したお客様 のべ500名以上 / 中国34の行政区のうち、32の行政区に渡航 / 現在は、中国系ホテル勤務 / 一時病気により失職して、今も特殊な病気と闘いつつ、めげずにブログで情報発信/ 明るく楽しく生きることをモットーに、些細なことにも感じる様々な感情を表現します。

華山という、険しい山

f:id:mayuka-sakura-nakahara:20170619182230j:image

この山は、華山と言います。

中国の陝西省にある華山という山です。

中国には五名山と呼ばれる山があり、その中の一つに数えられています。

この五名山というのは、中国の土着宗教の道教の聖地である、五つの山のことです。

私が言ったことがあるのは、五名山のうち、

この華山と嵩山の二つです。

嵩山のことは、また次回として、今回は華山です。

 

現在ではここ華山には、ロープウェイがあり、中腹あたりまで、行くことができます。

この写真では見られませんし、私自身実物を見たわけではありませんが、一部には、20cmほどの細い木道を歩く部分もあり、命がけと言われています。

もとよりここ華山は、道教仏教の修行の地であります。

今は、大部分を観光地としてみることができますが、当時の面影の一つとして、そうした木道があり、修行僧のほか、一部の観光客が通るようです。

 

というわけで、今回は華山についてでした。

次回は、嵩山について書きます。