中原繭香の中国って、どんなとこ???

中原繭香 / 独立して働くことを考えるブロガー/ 会社員の傍ら、中国に関する情報提供をしている元中国専門添乗員の私【経歴】 学生時代に北京に短期留学 / 中国渡航歴46回 / 中国にご案内したお客様 のべ500名以上 / 中国34の行政区のうち、32の行政区に渡航 / 現在は、中国系ホテル勤務 / 一時病気により失職して、今も特殊な病気と闘いつつ、めげずにブログで情報発信/ 明るく楽しく生きることをモットーに、些細なことにも感じる様々な感情を表現します。

ワニの写真@四川省九寨溝

f:id:mayuka-sakura-nakahara:20170509063354j:image

 

おはようございます。

 

ワニ見えますか??

湖のに浮かぶ、植物のワニさんです。(笑)

ここは、九寨溝であることには違いありませんが、これまた、遊歩道をコツコツと歩かないと見られない角度からの写真です。我ながらそういうのばかり選んでしまいますね、、、。

 

ここの湖の特徴は、なんと言っても、この美しい色です。

エメラルドグリーンでありながら、水は非常に澄んでいて、湖の底までよく見えます。

 

九寨溝には非常にたくさんの湖があり、それぞれの色があります。

ここには、こここの色があります。

もっとも、こういう色の湖も多くありますが。

 

写真はありませんが、ここにはたくさんのチベット族の人々が住んでいます。

ここに住むチベット族の方々は、多くはここの観光で生計を立てています。

たまには日本語を話す方もいました。

片言ではあっても、嬉しいものです。

それだけたくさんの日本人が訪れる場所でした。

信仰心が深く、ここにもたくさんのタルチョが飾られていました。

そういうところを見ると、やはりチベット族の方なんだなと思います。

たとえ、生計を観光で立てていても、チベット族としての誇りを忘れる事なく、生活している姿は、とても印象深く、また、憧れすら感じました。

私には、そうした信仰心がなく、ある意味無宗教であると言えます。

そうした人である私には、信仰心とそれに対する誇りを持っている姿は、とても印象的で、いいなぁと思わせるものがありました。

だから、好きなんだと思います。

 

今朝は、こんなお話でした。